NK細胞療法はさまざまな効果を期待することができます。元々、がん細胞を攻撃する能力のあるナチュラルキラー細胞を活性化させてから体内に戻すため、がん細胞をある程度傷害することが可能です。また、体内に元々存在しているたくさんのナチュラルキラー細胞に対して免疫刺激を与えることができます。そのため、ナチュラルキラー細胞の点滴をずっと続けていくほどに、体内にあるナチュラルキラー細胞の攻撃力が高まっていくのです。

NK細胞ただし、NK細胞療法によって絶対に治療が成功するというわけではありません。NK細胞によってがん細胞は破壊されていくのですが、一方でがん細胞の数もどんどん増えているからです。それでも、NK細胞療法の場合には大きなメリットがあり、それはがん細胞そのものを標的にできるという点です。抗がん剤の場合は今増殖しているがん細胞しかターゲットにできません。一方、NK細胞療法は増殖をしているかどうかに関係なくがん細胞を順番に攻撃していくのです。そのため、最終的にはがん細胞を全滅させる効果も期待できるでしょう。

大切なことはNK細胞療法の効果だけを頼るのではなくて、その他の治療法も活用することです。併用することでさらに効果が高まります。

では、NK細胞療法には副作用はないのでしょうか?つづいて副作用について説明していこうと思います。